第4 個人情報の保護

1 個人情報の保護
 特定健診等で得られる情報の取扱いについては、個人情報の保護に関する法律、健康保険組合等における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン等を踏まえた対応を行うと共に、警察共済組合個人情報保護規程を遵守する。

2 特定健診等データの管理方法
 組合が取扱う組合員及び被扶養者の氏名、生年月日等の実施に係る基礎的な情報の他、当該実施に係る結果データ等については、「保健医療システム」において 一元的に管理する。当該システムのアクセスの権限等については、本部から発出する通知に基づき管理し、個人情報の漏洩防止に細心の注意を払う。
 また、外部委託する医療機関等が一時的に保有する組合員及び被扶養者の個人情報は、当該外部委託する医療機関等との契約により、厳重に管理させる。

3 特定健診等データの保存期間
 最低保存年限は、当該データの作成の日の属する年度の翌年度から5年を経過するまでの期間とする。